運動と脳トレを組み合わせたプログラムで楽しみながら介護・認知症予防!!

  1. 音楽療法
  2. 764 view

音楽療法『みかんの花咲く丘』

童謡・唱歌『みかんの花咲く丘』
1946(昭和21)年
作曲:海沼 実
作詞:加藤 省吾
唄:川田 正子

『みかんの花咲く丘』は、1946年に発表された「戦後生まれの童謡の中では最大のヒット曲」として知られています。作曲家の海沼実は、児童合唱団「音羽ゆりかご会」の創設者です。1945年に海沼の家が空襲で焼けてからは童謡歌手の川田正子・孝子姉妹の家に寄宿しており、姉妹の母親とは戦後に結婚しています。
1946年、NHKのラジオ番組において、東京と静岡を結ぶラジオの「二元放送」が行われることになり、当時12歳で人気絶頂の童謡歌手であった川田正子が出演することになりました。「静岡にふさわしい童謡」を歌わせたいので何か作ってほしいという注文を受けた海沼でしたが、長野県出身の彼には静岡のイメージがどうしても思い浮かばず、放送前日になっても曲は完成に至りませんでした。そこへ、たまたま音楽雑誌記者として正子・孝子にインタビューするため川田家へ訪れていた加藤省吾が静岡県出身であることを知り、海沼は彼に作詞の依頼をすることにしました。加藤には、作詞家として『かわいい魚屋さん』というヒット曲がありました。海沼は加藤に事情を説明し、その場で作詞するように求めました。そんな短い時間では無理だと一旦は断った加藤でしたが「1回限りの放送用だから気軽に作ればよい」との海沼の説得に応じました。

加藤が静岡からイメージしたのは「みかん」でしたが、当時、サトウハチロー作詞の『リンゴの唄』が大ヒットしており、みかんの実を扱えば「二番煎じ」とのそしりを受ける恐れがありました。そこで、あえて実ではなく、花の方を主題とすることに決め、海沼が指示した流れにみかんの花が咲く情景を盛り込む形で、1番と2番にあたる部分を完成させ、自らの体験を元にした3番を書き足して、海沼の依頼からわずか約30分の即興で歌詞を完成させました。
歌詞ができあがると、海沼は川田正子を連れて当時NHK内にあったGHQ(占領軍総司令部)検閲部の検閲を受け、その足ですぐに伊東行きの列車に飛び乗りました。車窓にみかん畑が現れる国府津駅付近で前奏が浮かび、伊東線の宇佐美駅付近でようやく曲が完成しました。宿に着くなり海沼は作ったばかりの旋律を口移しで川田に教えました。翌日の放送では川田はまだ歌詞を覚えておらず、海沼が名刺の裏に書いた歌詞を見ながら歌うという慌ただしさでした。
『みかんの花咲く丘』の反響はすさまじく、聴取者からの要望に応えてレコード化がされ、童謡としては空前の大ヒットとなりました。1983年、伊東市によって、宇佐美から亀石峠に向かう途中のみかん園を見下ろす場所に、この歌の歌碑が建てられました。作詞・作曲者の自筆の歌詞と楽譜が刻まれています。2015年には、伊東線の宇佐美駅と伊東駅で発車メロディとして採用されています。また、Jリーグの愛媛FCの応援ソングになっており、選手入場時にサポーターによって歌われています。

1番の「みかんの花が咲いている。思い出の道、丘の道」の歌詞が3番の「いつか来た丘、母さんと」へつながっています。「みかん」という日本人にとって馴染み深い果物の花に母の面影を重ねているところに、この曲が世代を越えて多くの人の心に響く一因でしょう。また、みかんの実ではなく花としたところに、命のはかなさと実へ受け継がれる生命の連環を想起させます。わずかな時間と偶然によりで製作された『みかんの花咲く丘』ですが、人の感情深くに触れる名曲の誕生というのは、得てしてそういうものなのかもしれません。

ゆかりの地である静岡県伊東市宇佐美から亀石峠へと上る静岡県道19号伊東大仁線途中に『みかんの花咲く丘』歌碑が建立されています。みかんの香りに誘われて歌への旅に出かけませんか?

所在地:〒414-0001 静岡県伊東市宇佐美

【JTB】バリアフリーのお宿特集

家族旅行にうれしいお宿の情報が満載!
【JTB】ファミリー旅行特集

回想法

  • みかんの旬はいつ頃ですか?
  • みかんは好きですか? 旬の頃にはどのくらい食べますか?
  • みかんの生産地で有名なのは何県ですか?
  • 好きなみかんの銘柄はありますか?
  • みかん狩りに行ったことはありますか?  誰と行きましたか?
  • 2番の歌詞に「お船はどこに行くのでしょう」とありますが、どこに行くのだと思いますか? あなたは船に乗って行きたい場所がありますか? それはどこですか?
  • 2番の歌詞に「やさしい母さん思われる」とありますが、あなたのお母さんはどのような人でしたか?

楽器上達なら【シークミュージックスクール】

全国オンラインミュージックスクール【シークミュージックスクール】

音楽療法の最近記事

  1. 音楽療法『春の小川』

  2. 音楽療法『早春賦』

  3. 音楽療法『おぼろ月夜』

  4. 音楽療法『うれしいひなまつり』

  5. 音楽療法『春が来た』

関連記事

PAGE TOP